北欧雑貨SOPIVA
ホーム
北欧暮らし ブログ
ブログ

カート
商品を探す
グループから探す
価格別で探す
ご案内

エリック・ブルーン

ERIK BRUUN POSTERS

エリックブルーンのポスターは全21種類。1926年生まれのエリック・ブルーンは、誰もが認めるフィンランドグラフィックデザイン界の巨匠アーティストです。1950年代から長きにわたり数々の名作を生み出しました。「ポスターは見る人を笑顔にしなければならない」というのが、ブルーンのモットー。確かにブルーンの作品は、思わず見る人が笑顔になってしまうような工夫があふれています。

サイマーワモンアザラシ

サイマーワモンアザラシ

1974年

100cm×40cm直筆サイン入りポストカード
ベア

ベア

1985年

100cm×54cm
スワン・ウィング

スワン・ウィング

2013年

100cm×50cm
ヘルシンキ・カラー

ヘルシンキ・カラー

1995年

60cm×43cm
フィンランド100周年

フィンランド100周年

1980年代

50cm×40cm
レモネード

レモネード

1959年

100cm×70cmポストカード
オレンジ

オレンジ

1960年

100cm×70cm

【数量限定】エリック・ブルーンの初版オリジナルポスター

こちらでご紹介するポスターは、それぞれのポスターが1960-70年代に製造された時から残る初版のオリジナル版ポスターです。世代を超えて代々大切に受け継いで残していきたいアート作品です。ご提供可能数は各ポスター1枚です。 ※当店でご購入いただく初版オリジナル版ポスターには、エリック・ブルーンに直筆サインを頂いた特別証明書が付属します。

ハッピーフェイス

ハッピーフェイス

1957年

100cm×70cm
ハビ

ハビ

1959年

100cm×70cm
ネクター

ネクター

1960年

100cm×70cm
シルバーライン

シルバーライン

1957年

100cm×70cm

COME TO FINLAND 旅行ポスターbyエリック・ブルーン

エリック・ブルーンがフィンランドの魅力を描いた旅行ポスター。1950-80年ごろのビンテージデザインです。

サーモンフライト

サーモンフライト

1957年

70cm×50cmポストカード
サーモンボード

サーモンボード

1957年

70cm×50cmA4ポストカード
ヘルシンキ

ヘルシンキ

1962年

70cm×50cm
ザリガニパーティー

ザリガニパーティー

1961年

70cm×50cmA4ポストカード
ポルボー

ポルボー

1980年代

70cm×50cm
トゥルク・オーボ

トゥルク・オーボ

1966年

70cm×50cmポストカード
マリエハンム

マリエハンム

1980年代

70cm×50cm
フィンランドヘラジカ

フィンランドヘラジカ

1980年代

70cm×50cm
アウランコ

アウランコ

1980年代

70cm×50cmポストカード
4商品

エリック・ブルーン

1926年生まれ。ヘルシンキ在住。 エリック・ブルーンは、フィンランドのグラフィックデザイン界を代表する巨匠アーティストです。1950年代から現在まで広告業界の第一線で活躍。 なかでも、500を超えるポスターデザインが有名です。中にはフィンランドのデザイン史に残る「サーモンフライト」「サイマーワモンアザラシ」「JAFFAシリーズ」などの名作が揃います。

 ERIK BRUUN BIOGRAPHY 

エリックブルーンの生い立ち

エリック・ブルーンの生い立ち

エリック・ブルーンの周りはいつも楽し気な人であふれています。アーティストとしての才能だけでなく、誰にでも冗談を言うような、優しくユーモアにあふれた人柄で多くの人から親しまれています。 エリック・ブルーンの故郷はフィンランド東部、戦後ロシア領となったカレリア地方です。サイニオという小さな村の出身ですが、なんとこの村からはテキスタイルのキルシ・ランタネン、家具デザインのウリヨ・クッカプロ、デザイナーのオイヴァ・トイッカなども輩出しています。

エリックブルーン デザインへの想い

デザインへの想い

1950年代からずっと第一線で活躍してきたエリック・ブルーン。デザインの基本精神は「ポスターは見る人を笑顔にしなければならない」。確かに見る人が思わず笑顔になったり、心が癒されるようなデザインばかりです。自然を愛し、フィンランドを愛するエリック・ブルーンが生み出すデザインは、アート作品として優れているだけではなく、私たちに自然の美しさやユーモアの大切さを教えてくれます。 92歳となる今でも朝から晩までデザインをしているそうです。アイデアを出すことや考えをカタチにすることが、エリック・ブルーンにとっての最高のエネルギー源なのです。